クリニック・福祉

需要が高まる介護と医療の両方のサービスを提供する施設

高齢化が進行していることで介護と医療の両立が求められるようになっています。これまで介護と言えば食事・排泄・入浴の介助をはじめとした日常生活をサポートする行為がイメージされましたが、病気を抱えながらの介護、さらにリハビリの必要性など、医療行為をともなった介護の需要が増えているのです。そのため介護福祉士、ヘルパーだけではカバーしれないケースも増えており、介護と医療をどう充実させるか、介護・福祉の現場だけでなく社会全体で向き合っていく必要が出ています。

その一方で需要が高まっていることで介護と医療の両方のサービスを提供する施設も増えています。代表的な施設では介護療養型医療施設が挙げられます。要介護認定を受けた人を受けていれているこの施設では医療行為をメインとしてサービスを提供しており、医療ケアやリハビリ施設の充実が大きな特徴となっています。

ただこの介護療養型医療施設は原則として病気を抱えている人、その回復期にある人を対象としている施設のため、通常の老人ホームのように終の住み家として住み続ける施設ではありません。健康の回復や病状の改善が見られた場合には退所を求められることもあります。また需要に対して供給が十分ではない面もあって入居の難易度が高いこと、個室が少ないことなどのデメリットもあります。

それに対して民間で医療行為も含めた介護サービスを提供する老人ホームが増えています。看護師が常駐して毎日のバイタルチェックのほか痰の吸引、点滴といった簡単に医療行為を行うほか、定期的に医師による定期健診を行うケースなどが多く、中には医療機関が併設しているところもあるほか、すぐ近くに提携先の病院があるなど環境面で充実しているところも見られます。利用料が高くなるといったデメリットもあるものの、健康の不安を抱えている方にとっては非常に魅力的な選択肢となるでしょう。

こうした介護と医療のセットに関しては施設を利用する人が安心して生活できるという点でも重要です。万一の時にすぐに看護師や医師が対応してくれる、と思えるだけでも安心できるものです。今後こうした施設が増えている一方、利用料などの負担をどう減らせるかなどの課題をクリアしていく必要がありそうです。

関連記事

  1. 自分には関係ない更年期障害から助けてくれた漢方
  2. 美容やエイジングケアをサポートするマイクロバブルバス
  3. 多くの健康効果をもたらマイクロバブルバス
  4. 遠方の祖父の生活介助に訪問介護を利用
  5. 美容と健康に通い始める美容鍼サロン
  6. 港区(白金高輪)の産婦人科・ウィメンズクリニック
  7. 不妊治療と体外受精を専門に行う神奈川のレディースクリニック
  8. 介護用品はレンタルして常に適切なものを

特集記事

  1. インバウンド対策はホームページやお店の外国語対応だけでは不十分
  2. 最近よく聞くインバウンド集客とは
PAGE TOP