住まい

夢の独立と出店のために下調べと準備

私が高校時代に付き合っていた彼とは早々に破局してしまいましたが、同じ年だった彼の妹さんとは、なぜか馬が合い、今でも交流を続けています。
当時、元彼の妹さんは美容師を目指していて、専門学校の見学会にも付き添ったことがありました。

そして見事に専門学校に入学して、今は美容師になりそろそろ独立を考えているようなんです。
最終的には、自分のお店が持ちたいっていうのは、昔から言っていましたので、応援してあげたい気持ちで一杯です。
元彼の妹さんは、今は資金を貯めつつ、お店のデザインや場所なんかもチェックしているようです。
中でも妹さんが一番気になっているのが、美容室を中心に店舗デザインを手がけている会社。

これまでの実績をその会社のHPでチェックしたら、「なるほど、妹さんが好きなデザインだな~」と納得。色使いもデザインも独創的で、女性が好きそうな要素が沢山あるんです。でも、美容室に必要な清潔感や上品さもしっかりあるデザインなので、こういうお店があったら、私も通ってみたくなっちゃうかもって思いました。

でも、こういうオシャレな内装の会社って、デザインを頼むと、どのくらいかかるんでしょうね。総工費の10%~12%がデザイン料になるようですが、総工費が検討がつかないので全くわかりません。新規出店のために、やっぱり資金は必要ですし。
妹さんは、デキれば新規出店の費用を安く済ませるためには、居抜き物件を利用したいと言っていましたが、居抜き物件だと、店内の内装デザインも制限されてしまう可能性があるので、ちょっと不安だとも言っていました。
その会社では、数年後の出店についても、相談に乗ってくれるようなので、今から相談しようか、妹さんも悩んでいるようです。デザインはすごく良いので、やっぱり後は貯金を貯めて、しっかり準備をするしかないですね。

関連記事

  1. 注文住宅の建築はどの工務店やハウスメーカーに依頼するかが重要な鍵…
  2. こだわりの空間をインテリアコーディネーターに依頼
  3. ランニングコストで考える給湯器交換
  4. 改めて日本の伝統建築の良さを伝えたい
  5. 介助者の意見を取り入れたバリアフリーの注文住宅
  6. 夢のテラスの落とし穴、知っておきたかった知識
  7. 太陽光発電システムを取り入れてクリーンエネルギと節電へ
  8. イメージ・思いが伝わる建築パースとは

特集記事

  1. インバウンド対策はホームページやお店の外国語対応だけでは不十分
  2. 最近よく聞くインバウンド集客とは
PAGE TOP