住まい

イメージ・思いが伝わる建築パースとは

よくマンションのチラシに、完成図とか載っていますが、あれは建築パースというそうです。
私が親戚の家に遊びに行った時に、大学生の息子さんが、パソコンをカチカチしていたので、何かと思ったら、マンションの完成図を作成していて、その時にそれが建築パースという名前があることを教えてもらいました。

建築関係の仕事では、建築パースは欠かせない部分で、かなり必要とされているようです。
建築パースは結構高いものですが、今は格安で制作してくれる事務所もあるようです。
安いところは3万円以内の低予算でも、しっかりした完成図が多いので、すごいと思います。
これだったら、個人的に建築パースが欲しい人でも、気軽に注文できるので、良いですね!

CGによる建築パースは、やっぱり想像力が必要になる仕事なんでしょうね。
ヒアリングをして、大体のイメージを固めていくようですが、やはりヒアリングの時に、お客さんからのイメージをちゃんと把握できていないと、なかなかCGで再現していくのは難しいだろうなって思いました。
自分一人だけが「こうだろう」と思って作成しても、依頼主が納得しなければ、意味がありません。

いい事務所では建築パースが出来るまでに、何度も何度もイメージの確認をして、作成していくようですので、人の気持ちを汲む能力も必要になるのかなって思いました。
やはり建築パースは、依頼主が喜んでくれないと、せっかくの作品も台無しになってしまいますからね。

関連記事

  1. 夢の独立と出店のために下調べと準備
  2. 介助者の意見を取り入れたバリアフリーの注文住宅
  3. 改めて日本の伝統建築の良さを伝えたい
  4. 注文住宅の建築はどの工務店やハウスメーカーに依頼するかが重要な鍵…
  5. あらかじめ確認しておきたい不動産売買に必要なさまざまな書類
  6. 自然災害に備えて防水工事をしておくためのポイント.
  7. 冬に入る前に給湯器のメンテナンス点検を
  8. こだわりの空間をインテリアコーディネーターに依頼

特集記事

  1. インバウンド対策はホームページやお店の外国語対応だけでは不十分
  2. 最近よく聞くインバウンド集客とは
PAGE TOP