住まい

夢のテラスの落とし穴、知っておきたかった知識

エクステリア工事をお願いした時の話です。
私は、リビングの南の窓に約5畳のテラスをつけました。先日住宅を新築したばかりです。
建てて頂いた住宅会社でもテラスは、メニューにあったのですが300万円程するとの事で諦めました。基礎から作るとの事で固定資産税にも影響しそうです。

テラスは、諦めていたのですが、住宅を建築中にホームセンターのチラシが入ってきました。住宅会社のテラスの7分の1の金額でテラスが紹介されていました。見た目は住宅会社の物より少し劣りますが、充分満足の行く内容です。

しかしこういう広告は、施工費が別の事が多いため、ホームセンターに電話をしてみました。施工費は、入っているとの事でしたが、網戸、土間コンクリート代、物干しの金具は、別料金との事でした。そちらを合わせても10万円以下との事で、お願いしようと考えて予約をしてきました。
それ以外のエクステリア工事は、建築会社に頼んであります。土盛り、土留め、カースペース、ポスト、門柱、塀、表札です。これらの工事が終わってからテラス工事をお願いしようと考えました。

建築会社の建物の工事エクステリア工事が終わり、引渡しを受けました。いよいよテラス工事が始まる時に一応、建築会社の担当者にテラス工事をする事をお伝えしました。すると私の家は長期優良住宅という申請を受けていて、テラス工事による外壁への穴あけは、基本的にNGと言われました。

これは、大変な事です。すぐにホームセンターに電話をして相談しました。するとタイプを変えると外壁に穴あけをしない方法でテラスが出来るとの事でした。本当に良かったです。
しかしその日の夜、ホームセンターのスタッフから電話があり約10万円プラスになるとの内容でした。渋々了承しましたが、残念な内容でした。
テラス工事を注文する時には、色々な事を考慮しないといけないのだと反省しました。

関連記事

  1. 自然災害に備えて防水工事をしておくためのポイント.
  2. 大規模修繕前劣化診断で知るタイミングと信頼関係
  3. 冬に入る前に給湯器のメンテナンス点検を
  4. リフォームで気持ちも変わり快適な我が家に
  5. 自分の目で確認して感じたい不動産物件
  6. 建物の防水工事に迷ったら、比較サイトで業者探し
  7. イメージ・思いが伝わる建築パースとは
  8. ランニングコストで考える給湯器交換

特集記事

  1. インバウンド対策はホームページやお店の外国語対応だけでは不十分
  2. 最近よく聞くインバウンド集客とは
PAGE TOP