IT・家電

インバウンド対策はホームページやお店の外国語対応だけでは不十分

中国からの急激な訪日外国人客の増加で、現在日本各地でインバウンド対策が見直されています。
インバウンド集客と外国人客の対応に悩むお店や企業の悩みが増えていくことでしょう。

訪日外国人客を受け入れるレストランや観光地のお店では、従業員のトレーニング不足により、接客でのトラブルなども報告されています。
日本人も海外に旅行に行った時に、やはりお店に外国人向けのメニューが設置してあり、スタッフさんが外国人の扱いに慣れているお店の方が、入りやすくありませんか?

外国人が苦手で、消極的な接客をしていると、やはり悪い印象を与えてしまい、帰国した外国人客は、母国に帰って悪評の口コミを広めることにつながります。
やはりどこの国でも、『口コミ』は非常に有効で、良い印象を残せば、それだけ良い口コミを広がり、より多くの訪日外国人客が訪れるようになります。

リピーターや新規の外国人客を呼ぶためには、HPやお店の外国語対応だけでは不十分なのです。
インバウンド受入環境整備事業として、従業員に向けた語学トレーニングや接客方法についても指導する必要があります。

外国人向けにHPを準備したい人も、英語コンテンツの制作する必要があります。
外国人客が増えれば増えるほど、トラブルも増えてきますので、インバウンド向けの接客マニュアルは、早い段階で用意をしておく必要があります。

これまであまり外国人観光客の扱いに慣れていなかった店舗も、訪日観光客のコンサルティング事業をしている企業に相談をすることによって、スムーズに対応することが可能になります。
メニューやHPの英語翻訳だけであれば、他にも依頼できる業者は数多くありますが、インバウンドの接客について専門的に相談できる企業は非常に数が少ないため、外国語の制作物だけではなく、接客面でも相談事がある人はそういったコンサルティングもおススメします。

関連記事

  1. グローバル化とIT翻訳の認定試験の需要
  2. 良いホームページとは、ホームページ作成にお悩みの方へ
  3. 需要が増しているのIT翻訳の現状
  4. 新築時のアンテナ工事について考える
  5. ホームページをリニューアルして宣伝効果を上げよう
  6. 器械音痴の母へパソコンサポート
  7. 買い替え?修理?初めてのパソコン修理
  8. 気になる中古iphoneの行方

特集記事

  1. インバウンド対策はホームページやお店の外国語対応だけでは不十分
  2. 最近よく聞くインバウンド集客とは
PAGE TOP