学び

英語が全くできなくても安心!目的や英語能力を考慮してくれる親子留学

昨日カナダから日本に帰ってきたよ〜
やっぱり親子留学の行先をカナダにして正解だった!
息子も自然としっかり触れ合ってのびのび生活できたよ。
ホームステイ先に同い年の男の子がいたからそれも良かった!
やっぱり子供同士遊びながら英語を学ぶのが一番吸収するよね。
というか子供の適応能力の高さには感動。
私が日本食が恋しいって言ってる横でカナダ料理をパクパク食べてた。
むしろ日本に帰ってきて一番にハンバーガー食べてたし(笑)
育ち盛りの男の子にはがっつりな食事は嬉しいのかね。
私たちが親子留学先をカナダにしたのはやっぱり英語の発音の綺麗さ!
いきなり訛りが強い地域に行っても本場の英語を聞き取れないと思ったからね。
留学先を斡旋してもらった会社でもカナダは人気なんだって。
私と同じように発音がクリアなのを重視する人は多いし、環境の良さも人気の理由。
特にバンクーバーは都会ではあるけど、自然も多くて凄く住みやすかったよ。
白人が多い地域に留学にいってアジアへの差別を感じたって話を聞くけどカナダは人種差別が
禁止されてるんだってね。
実際行ってみたら本当にいろんな人種の人たちが暮らしてて、差別は感じなかったな。
私は息子がホストファミリーとキャンプに行ってる間にヨガに参加したりツアーに参加したり
のんびり満喫できた〜
ヨガは日本の先生だったから一人で参加しても安心だった!
私の他にも日本人の生徒さんが多かったしね。
息子のためにって思ったカナダ留学だったけどなんだかんだ私も凄く勉強になったしいい経験
が出来たよ〜
最初は「留学」って言葉に尻込みしたけど、留学をサポートしてくれる会社がいろいろ助けて
くれるから勇気を出して行ってみてよかった。
留学の目的や英語の能力によっていろんなプランを組んでくれるから、英語が全くできな
い!って方も安心だよ。
息子もすごく楽しかったみたいで、これからもっと英語の勉強を頑張るって言ってる。
来年もいけたらいいなぁ!
留学の積み立てもあるみたいだから検討してみよう。

関連記事

  1. 歌うだけじゃない!自信に繋がるボイストレーニング
  2. 悲観的に考える必要はない読書と出版業界の現状
  3. 語学留学を人生において大きなメリットにする為の準備
  4. 子供の気持ちを尊重して夢への第一歩
  5. 社会人も通える音楽教室のポイントは営業時間
  6. 大人になって始めるバク転教室
  7. 自ら考え、感じる成長の場になる子供の習い事
  8. 自分自身が抱えている問題を向き合い改善するEQトレーニング

特集記事

  1. インバウンド対策はホームページやお店の外国語対応だけでは不十分
  2. 最近よく聞くインバウンド集客とは
PAGE TOP