学び

企画出版で本を書く夢が実現する

本を出版する方法にはいくつかの選択肢があります。もっともよく知られているのが出版社から作家にオファーを出して出版するケースと文学賞などで入選するケースです。ただこれらの方法はハードルが高いうえに本当に自分が書きたいテーマの本を出せるとは限らない面もあります。
一方本当に自分が書きたい本を出版する方法では自費出版という選択肢もあります。ただこの方法は著者本人が多額の費用を負担しなければならないほか、販売ルートなどの都合で多くの人の目に触れて手にとってもらう機会がなかなか持てないといったデメリットもあります。
企画出版はこうした出版方法が抱えているデメリットを回避しつつ自分が書きたいテーマで本を出すことができる点が大きなメリットと言えます。出版社からのオファーではなく、著者自らが出版社に売り込みをかけて出版するため、自分が取り上げたいテーマで本を出しやすいのです。しかも売り込みが成功すれば出版費用は原則として出版社が出すことになりますし、自費出版に比べてマーケティングの面でも有利な環境で多くの人の手にとってもらう機会を得ることができます。
こうしたメリットは実用書やビジネス書、自己啓発系の書籍などでとくに得られやすく、時代のニーズに応えるような企画だと採用されるチャンスに恵まれます。こうした分野は文学賞などの公募でよい作品を集めるのが難しいですし、よく知られた著者にオファーを出すのにも限界が出てきます。それだけによい本と優れた著者を確保する意味で出版社にとってもメリットが大きい方法と言えます。
ただし、こうしたメリットもあくまで持ち込んだ企画を出版社が採用することが大前提です。そのためには優れた内容であることはもちろん、売れる見込みがあること、そして魅力をうまくアピールするための宣伝や売り込みの手法も問われます。文学賞の公募とは異なり、すでに出来上がった作品ではなく執筆途中、あるいはこれから計画段階で売り込むケースが多いため、売り込みの上手い下手が企画が通るかどうかにおいて非常に重要な意味を持ってくるのも企画出版の大きな特徴です。

関連記事

  1. 本を出版したい自分にとって最適な方法を選ぶ基準
  2. ボルダリングを始めて変わる自分自身へ
  3. 社会人も通える音楽教室のポイントは営業時間
  4. 学習塾をお探しなら少人数制の個別指導塾がおすすめ
  5. 歌うだけじゃない!自信に繋がるボイストレーニング
  6. 悲観的に考える必要はない読書と出版業界の現状
  7. 子供の気持ちを尊重して夢への第一歩
  8. 自ら考え、感じる成長の場になる子供の習い事

特集記事

  1. インバウンド対策はホームページやお店の外国語対応だけでは不十分
  2. 最近よく聞くインバウンド集客とは
PAGE TOP