イベント

撮影スタジオと空間のイメージへのこだわりも重要なポイント

撮影スタジオを利用する際には自分が撮りたいとイメージしている構図や世界観を再現できる環境かどうかが重要なポイントです。とくにハウススタジオを借りる場合にはこの点が最大のポイントになるといってもよいでしょう。

写真は光と空間をどう扱うかで出来ばえがほとんど決まると言われています。そのためライティング設備の充実はもちろん、自然光をどれだけ上手く活用できるかもスタジオ選びの大事な要素となるのです。とくに自然光は理想とするイメージ、シチュエーションとマッチしているかどうかが多いに問われるポイントです。

また自然光撮影が可能なスタジオはあらかじめ備え付けられているライティング設備が少なめなため、イメージとマッチしていることがとくに重視される一方、うまく調整するために自前でどういった機材を持ち込むかどうかセンスが問われる部分もあります。

こうした点はネット上の画像だけで判断するだけではどうしても限界が出てくるため、実際に足を運んだ上で最終的な判断を下すことが重要です。そのための手間を惜しまないようにしましょう。

また空間に関してはやはりイメージに近い環境が用意されているかどうか。簡単に言えばヨーロッパ風の世界観で撮影したい場合には洋館のスタジオが、和風テイストを前面に押し出したい場合には和室や日本建築のスタジオが適しています。またノスタルジックなアンティーク調やコスプレに適したゴシック調といった特殊な世界観を演出した撮影スタジオも増えており、この段階でどのスタジオを選ぶかによって頭の中のイメージを再現できるかどうかが大きく左右されることになります。

このように、撮影スタジオ選びは本格的な撮影を行おうとすればするほど、明確なイメージがあればあるほどそれにマッチした環境・空間のスタジオにこだわる必要が出てきます。逆に言えば事前に撮りたいイメージをいかに明確にできるかによってよいスタジオを見つけられるかどうかが決まってくる面もあります。その点も考慮したうえで撮影スタジオ選びと空間イメージ作りの両方をバランスよく行っていきましょう。

関連記事

  1. 大切な人との記念日を特別な日に
  2. きっかけになったのは笑顔になったフラワーアレンジメント
  3. ヘッドスパで髪質にこだわる大人へ
  4. 理想の激安レコーディングスタジオ
  5. 商品撮影の大切さを知り楽しく業績アップ
  6. 開店祝いにスタンド花を送ってお店のアピールを
  7. 時代に求められているカッティングシートの魅力
  8. 商品撮影の写真一つでイメージが変わる商品広告

特集記事

  1. インバウンド対策はホームページやお店の外国語対応だけでは不十分
  2. 最近よく聞くインバウンド集客とは
PAGE TOP