イベント

開店祝いにスタンド花を送ってお店のアピールを

スタンド花を開店祝いに贈る際、聞かれるのが立て札の書き方です。複数名や複数社で贈る場合もありますし、横書きなのか縦書きなのかでも迷ってしまいますよね。基本的にはスタンド花をお願いする花屋さんに状況をお伝えすればOK。慣れているところなら立て札の書き方もしっかり把握していますよ。ちなみに、依頼する際には素直に関係を伝えることが大切です。例えば、重要な顧客となると書き方も変わってきます。建築事務所とオシャレなバーだったら、それぞれ求められる立て札も変わってきますからそういった点も重視するようにしましょう。

まず横書きか縦書きかですが、今はまだ縦書きが多いですね。これは従来のスタイルです。しかし、最近では横書きが人気を集めてきています。特にオシャレな飲食店、例えばバーだったりカフェだと印象が硬くならないからですね。逆に和風のお店ですと縦書きの方がしっくり来る場合もあります。医療機関の場合、「病院」だと縦書きに、「クリニック」だと横書きにするケースも。従来の形式にとらわれすぎずに、贈る相手に合った立て札を選ぶのがポイントです。

名前の書き方ですが、例えば重要な顧客の場合は会社名だけではなく会長と社長、もしくは社長と副社長の連名を付けて贈るのが一般的です。この方が重厚さが出るからですね。大切な顧客として考えていることのアピールにもなります。逆の立場では、自分は大切な顧客として扱われているとアピール出来る事になりますので、この書き方を喜ぶ方は多いでしょう。ただし、しっかり区別することが大切です。

お花を贈るというのは、その場所を華やかにする効果もあります。そして立て札はさまざまなアピールの場所にもなりますので、しっかりマナーを抑えておきたいところ。といっても、基本的にはスタンド花を作ってもらう花屋さんに相談すればOKなので注文する側は特に気にしなくても大丈夫ですよ。重視したい場合、立て札についてちゃんと相談出来るかどうかまず聞いてみると良いでしょう。

関連記事

  1. こだわりの撮影スタジオでマンネリを脱却する
  2. 結婚式撮影を専門業者にお願いするメリット
  3. 撮影スタジオと空間のイメージへのこだわりも重要なポイント
  4. カタログデザインの出来栄えで生まれる大きな差
  5. 商品撮影の写真一つでイメージが変わる商品広告
  6. 時代に求められているカッティングシートの魅力
  7. 理想の激安レコーディングスタジオ
  8. きっかけになったのは笑顔になったフラワーアレンジメント

特集記事

  1. インバウンド対策はホームページやお店の外国語対応だけでは不十分
  2. 最近よく聞くインバウンド集客とは
PAGE TOP