イベント

時代に求められているカッティングシートの魅力

カッティングシートは技術の進歩と、ハンドメイドの魅力が再認識されている今の時代に求められている表現手法といってもよいでしょう。パソコンの普及や技術の進歩によって簡単にイラストやロゴのデザインができるようになった一方、手作りの温かみや個性が求められている時代にカッティングシートはピッタリなのです。

パソコンで、あるいは手描きでデザインしたロゴを無地のカッティングシート(粘着シート)にプラントすれぱすぐにオリジナルのカッティングシートを作ることができます。ロゴマークなら店舗・事務所の窓に貼り付けて宣伝に活用することができますし、仕事に使っている機器・アイテムに貼り付けることでちょっとしたアピールにも役立てることができます。またイラストや文字なら学園祭やイベントの際に会場の窓に貼り付けることでよい宣伝になるとともに普段とは違う、イベントならではの特別な雰囲気作りにも役立つでしょう。

こうしたカッティングシートは自分で製作することもできますが、業者に依頼してより専門的な作成することも可能です。パソコンとプリンタ、無地のカッティングシートさえあれば誰でも簡単に作ることができますが、よほどよいプリンタやイラストソフトがないと綺麗に仕上げるのは難しく、どうしても素人くささが残ってしまいます。それも独特の味わいとして捉えることもできますが、専門の業者に依頼すればより綺麗に仕上げることができるのでデザインの本来の魅力を最大限に引き出すことも可能です。

また個人では作成が難しい大きなサイズのカッティングシートも作れますし、下地に発色にいい色をつけられるインクジェットステッカーを作ることもできます。これを窓に貼り付ければデザインでアピールしつつ中の様子を見せないですむ目隠し代わりに使用することもできます。

このようにカッティングシートは作り方・使い方の工夫ひとつでさまざま用途で活用できるものです。
手作りの楽しさを味わいながらこうしたメリットを活かせるようなカッティングシートを作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 商品撮影の写真一つでイメージが変わる商品広告
  2. 撮影スタジオと空間のイメージへのこだわりも重要なポイント
  3. 理想の激安レコーディングスタジオ
  4. 結婚式撮影を専門業者にお願いするメリット
  5. 大切な人との記念日を特別な日に
  6. カタログデザインの出来栄えで生まれる大きな差
  7. 美容室を決めるポイントは、自分好みのデザイン感で
  8. こだわりの撮影スタジオでマンネリを脱却する

特集記事

  1. インバウンド対策はホームページやお店の外国語対応だけでは不十分
  2. 最近よく聞くインバウンド集客とは
快適なカーライフ
  1. 前撮り撮影
PAGE TOP