クリニック・福祉

東京での不妊治療・体外受精の相談なら専門医に

クリニック

 

はなおかIVFクリニック品川は、不妊治療を専門的に取り扱っています。

そして、妊娠しにくい状況を改善するために、複数の治療法が用意してあります。その治療法の中から、患者個人に合わせたものを選ぶのが特徴で、妊娠する確率が高いです。

その治療方法の中には、取り出した卵子と精子を使用した体外受精もあります。

 

体外受精ではまず、卵子の発育を促すためにホルモン薬を使用します。ホルモン薬には傾向で摂取できるものもありますが、場合によっては自己注射が必要になることもあります。

患者が自宅で自ら注射を行う方法ですが、はなおかIVFクリニック品川では注射の仕方がわかる動画が用意されています。それを参考にしながら進めていくことができるので、慣れていない人でも自己注射をしやすいです。また、不安な場合は自己注射を行う前に、クリニックで実際にレクチャーを受けることも可能です。

 

そして、卵子が成熟したら、対外で受精を行うために採卵を行います。その際には、局所麻酔あるいは全身麻酔のどちらかを選択することができます。局所麻酔でも痛みを感じることはありませんが、全身麻酔だと意識がない内に採卵が完了します。そのため、恐怖心を抱きやすいかどうかで選択して問題はありません。

 

採卵した卵子は人工的に受精させてから胚にまで成長させた後、子宮へと移植します。そして、はなおかIVFクリニック品川には、胚の凍結ができる設備が整っています。

体外受精によって胚が複数できた場合は、使用しない分を凍結させておいて、2回目以降の移植に使用することもできます。

 

さらに、凍結は胚だけでなく、卵子と精子に対しても可能です。卵子は年齢を重ねるに連れて数が少なくなっていき、妊娠する確率が低くなっていきます。そのような時に卵子を凍結しておくと、将来的に子供を作りたいとなった時に、妊娠の確率を高められます。

精子も同様で、凍結させて長期間状態を維持できます。男性は単身赴任などで、体外受精のために頻繁にクリニックに通えない場合があります。そのような場合に、事前に精子を冷凍させておくと、その分を体外受精に使用することができます。

《関連サイト》東京の体外受精・不妊治療専門クリニックなら【はなおかIVFクリニック品川】

 

関連記事

  1. 港区(白金高輪)の産婦人科・ウィメンズクリニック
  2. 需要が高まる介護と医療の両方のサービスを提供する施設
  3. 自分には関係ない更年期障害から助けてくれた漢方
  4. クリニック 不妊治療と体外受精を専門に行う神奈川のレディースクリニック
  5. 美容と健康に通い始める美容鍼サロン
  6. 多くの健康効果をもたらマイクロバブルバス
  7. 不妊治療 東京で不妊治療の相談をするなら
  8. ますます需要度が上がる介護・福祉関連の資格

特集記事

  1. インバウンド対策はホームページやお店の外国語対応だけでは不十分
  2. 最近よく聞くインバウンド集客とは
  1. 不妊治療
PAGE TOP